9時ごろ キャンプ・シュワブ内にある辺野古崎西側の「N5護岸」建設予定地で、仮設道路の整備作業が続けられる 14時34分 ゲート前に集まった市民約50人は、工事車両の出入りがないことを喜び「私たちは諦めない。絶対に負けない」と声を上げる。