在沖米海兵隊のダリン・クラーク大佐は27日、キャンプ瑞慶覧を訪れた宜野座村議会の要請に対し、城原の集落に近いヘリ着陸帯「ファルコン」について「乗員の練度を達成するために不可欠」だとして、引き続き使用する考えを示した。面談後、海兵隊報道部が異例の発表文を報道各社に送った。