広告大手の電通は27日、違法残業事件を受けて労働環境改革基本計画を発表し、2019年度の1人当たりの総労働時間を14年度比で2割削減すると表明した。人員の増強や在宅勤務を通じ社員の負担を軽減する。週休3日制への移行も検討する。信頼回復に向け着実に実行できるかが今後の焦点だ。