【東京】山口俊一沖縄担当相は13日の閣議後会見で、名護市辺野古の新基地建設に向けた海底ボーリング調査の再開に翁長雄志知事が「遺憾」と反発していることについて「大変、残念な状況というか、確かにそういった状況もあるのかなと見ている」と述べ、政府と沖縄の距離が広がる状況を懸念した。