4年に一度オランダで開かれる「世界音楽コンクール」第18回大会のショー部門で金賞、マーチング部門で銀賞を受賞した西原高校マーチングバンド部のメンバーら約60人が29日夜、帰沖した。那覇空港ロビーでは父母ら約百人が出迎え、6回連続金賞をたたえた。

父兄や友人らから祝福を受け出迎えられる西原高校マーチングバンド部=29日午後11時ごろ、那覇空港

 3年生で部長の宮里花恋さんは「胸を張れる結果が出せて良かった。金賞の感動と銀賞の悔しさを12月の全国大会に生かしたい」と語った。仲本裕樹顧問は「慣れない環境の中、一体感ある演奏ができた。生徒たちを褒めてあげてください」と話した。