【宜野湾】米軍普天間飛行場所属のオスプレイが12日に飛行中、アルミニウム製の部品を落下させていたことが16日、分かった。沖縄防衛局によると落下場所は不明だが、被害は確認されていない。昨年から米軍機の部品落下が相次いでおり、沖縄県と宜野湾市は16日、米海兵隊に抗議し、原因究明と再発防止を求めた。