沖縄タイムス+プラス ニュース

米、普天間閉鎖・在沖海兵隊撤退を計画 1968年時

2015年3月17日 09:17
9秒でまるわかり!
  • 沖縄からベトナム戦争への補給支援は財政的・組織的に非効率
  • 朝鮮有事では海兵隊より空軍の強化が戦闘に適するとみていた
  • 首都圏の基地整理縮小ため沖縄に移設。普天間閉鎖は幻に

 米国防総省が1968年12月に策定した在日米軍再編計画の中で、普天間飛行場の閉鎖を含めた在沖米海兵隊の大規模な撤退を検討していたことが16日までに、米公文書で明らかになった。海兵隊の航空機は朝鮮半島有事の際、到着までに時間がかかるため、決定的な役割を果たせないことを理由に挙げている。(福元大輔)

米国防総省が米軍普天間飛行場の閉鎖を計画していた1968年12月策定の内部文書(川名晋史さん提供)。色付けされた部分は「普天間の海兵隊ヘリコプター基地は閉鎖する」と明記している

 しかし、国防総省は翌69年9月、住宅の密集した首都圏の航空基地を整理縮小する目的で、神奈川県厚木基地のヘリコプターを普天間に移設する計画に修正。普天間閉鎖や在沖海兵隊撤退は表に出ることなく、消える形となった。

 国防長官の名前で、統合参謀本部や各軍省トップに通知した内部文書で、近畿大学講師の川名晋史さん(35)が入手し、分析した。

 計画は普天間閉鎖のほか、第26連隊上陸団を米本土へ移転、第3海兵補給群の機能を陸軍第2補給部隊に統合するなど、在沖海兵隊の規模を縮小し、基地の大部分を「維持管理状態に置く」という内容だ。

 補給部隊は当時のベトナム戦争での沖縄からの支援では、財政的にも組織的にも非効率と指摘。また航空機部隊について、朝鮮有事の初期段階で制空阻止を目的とするならば「海兵隊よりも、空軍の訓練や装備を強化した方が戦闘に適している」との認識を示し、普天間の完全閉鎖、同じ海兵隊岩国基地(山口県)の分散作戦基地への格下げなどを提案した。

連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
沖縄タイムスのイチオシ
第72回沖展「特別展」
第72回沖展「特別展」
3D+VRでの鑑賞や、準会員賞・沖展賞などを紹介したYouTubeのスペシャルコンテンツを配信中
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
那覇市久茂地にコワーキングオフィスhowlive誕生!
howliveは沖縄タイムスが運営するシェアオフィス、コワーキングプレイス。抜群の立地と美しいデザイン、豊富な設備が特徴です。
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
「健康長寿おきなわ」復活へ! 乳酸菌入り飲料を1カ月間飲み続けてどう変わる?
アサヒ飲料が「健康長寿おきなわ復活」に向けてのヒントを紹介します。
タイムス住宅新聞社
タイムス住宅新聞社
沖縄の、住まいと暮らしにちょっとした『プラス』を。
クラウドファンディング「Link-U」
クラウドファンディング「Link-U」
あなたの夢や想いを実現するために、あなたと一緒に挑戦します。
新聞配達員募集
新聞配達員募集
お住いの地域周辺で、空いている時間を活用して働いてみませんか?
求人情報サイト「ジョブカロリ」
求人情報サイト「ジョブカロリ」
お祝い金がもらえる成果報酬型人財マッチングサービスです。
「この本を読みましょう」おすすめ図書
「この本を読みましょう」おすすめ図書
大手6出版社のおすすめ図書を紹介。県内書店でぜひ手に取ってみてください。
「ライトプラン」スタート
「ライトプラン」スタート
得する人生、始めよう!有料記事100本が読み放題。記事閲覧“爆速”体感を。
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
五嶋龍デビュー25周年ヴァイオリン・リサイタル
世界で活動するバイオリニスト・五嶋龍さんを招いてのリサイタルです。ピアノは鈴木隆太郎さん。