任期満了に伴う来年1月予定の名護市長選挙で、現職の稲嶺進氏の3選を目指す同市議会与党市議団(岸本洋平団長)は31日、稲嶺氏に出馬を要請した。稲嶺氏は「重く受け止め、後援会とも相談して(出馬を)決めたい」としながら「地域医療の問題など課題は残されている。