夏休みに入り、海や川の本格的なレジャーシーズンを迎えている。一方、県内では毎年水難事故が発生している。事故から身を守ろうと、西原町立西原東小学校で19日、中城海上保安部による安全教室が開かれた。6年生78人が服を着たまま浮く「着衣泳」や事故発生時の対処法を学んだ。