今年1月から6月の上半期に県内で行方不明になった65歳以上の高齢者のうち、34人が認知症またはその疑いのある人だったことが29日までに、県警生活安全企画課のまとめで分かった。31人は無事に保護されたが3人は遺体で見つかり、昨年1年間の4人に迫る。