ことし上半期(1月〜6月末)に県内で発生した水難事故が32件(事故者35人)に上り、前年同期より6件増えていることが29日までに、県警のまとめでわかった。7〜10月のレジャーシーズンに事故が多発する傾向にあり、過去10年で最多だった2016年の85件を上回るペースで推移している。