琉球大学物質地球科学科の中村衛准教授らのグループは、揺れの周期が1分程度と長く人間の感覚では分からない「超低周波地震」について、琉球海溝付近の分布を突き止めた。この結果、過去に巨大津波が度々襲来した石垣島や宮古島周辺では超低周波地震の発生が少ないことが分かった。