県警は20日、同本部正面玄関に夏休み期間中の少年非行防止総合対策の看板を設置した。夏休みは生活の乱れや開放感などから少年が非行に走りやすいとし、県と協力して街頭補導活動や居場所づくりを強化する。