昨年4月、名護市辺野古の新基地建設に反対する抗議活動で米軍に違法に拘束されたとして、芥川賞作家の目取真俊さんが国家賠償法などに基づいて国に損害賠償を求めた訴訟で、原告側が15日付で那覇地裁(森鍵一裁判長)に訴えの変更を申し立てた。