沖縄本島地方は31日、高気圧の影響でおおむね晴れ、那覇では午後1時に最高気温35度が観測され猛暑日となった。また奥では午後2時7分に34・2度を観測し、1977年の観測以来最高気温を記録。沖縄市の沖縄こどもの国では、ヤクシマザルが暑さをしのぐため、池でじゃれ合いながら水遊びしていた。

ほてった体を水遊びで冷やすヤクシマザル=31日、沖縄市・沖縄こどもの国(喜屋武綾菜撮影)

 飼育担当の冨着絵里沙さん(25)は「体温を下げるために潜ったりしている。真夏に見られる光景」と話した。読谷村から遊びに来た池原秋代さん(21)は「サルも人間と一緒で暑いのね」と笑った。沖縄気象台は同日、「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表。熱中症などに注意を呼び掛けている。