【浦添】環境省などはこのほど、キャンプ・キンザー周辺で生息が確認されている特定外来生物のオオヒキガエルについて、根絶の最終段階に入ったと発表した。2011年度から13年度末までに約700匹を捕獲しており、その後1年以上発見されていない。