沖縄県の沖縄観光バリアフリービジネスシンポジウムが18日那覇市内であり、観光事業者に対する調査で「日常的に受け入れているのは車いす利用者のみ」「視覚や聴覚障がい者に対応していない」といった回答があり、障がい者の受け入れ態勢が十分ではない現状が指摘された。