沖縄弁護士会は8月1日、銀行の個人向けカードローン事業による被害状況を把握するため、無料の電話相談を実施する。 2006年に成立した改正貸金業法により、年収の3分の1を超える融資を原則禁じる「総量規制」が導入され、貸金業者による過剰な貸し付けは減少した。