厚生労働省は28日、沖縄戦の戦没者遺骨の身元特定を推進するため、遺族らを対象にDNA鑑定の希望者の募集を始めた。事実上、軍人・軍属の遺族に限っていたDNA鑑定の呼び掛けを、民間人犠牲者の遺族にも拡大する初の取り組み。同省は、記録と実際の死亡場所が異なる場合もあるとして「迷っている方も申請してほしい。