高校生ボウラーのひのき舞台「春高ボウル」で、競技歴2年足らずの上間僚(具志川商業)が全国制覇を成し遂げた。全国大会2度目の出場での快挙に「まさか優勝できるとは思ってもいなかった」と喜びをかみ締めた。  6ゲームの合計スコアで争う個人戦で、前半3ゲームを終えて21位。