県警は23日の県議会総務企画委員会(山内末子委員長)で、尖閣諸島周辺の中国船による領海侵入などへ対応を強化するため60人を増員する方針を示した。2015年度から職員の定員はストーカー対策の3人と合わせ計63人増え、2657人となる。定員の改正条例案の審議で説明、可決された。