翁長雄志知事は24日夕、名護市辺野古沿岸の海底作業停止指示に対し、沖縄防衛局が不服を申し立て、さらに作業を継続していることに「大変遺憾に思っている」と憤った。30日までの作業停止を求めたことから「7日間は行政手続きの上で、意思決定までに必要な時間。