今年上半期(1〜6月)に県内で発生した特殊詐欺の被害額は約7097万円で、昨年同期の約4・5倍だったことが3日、県警のまとめで分かった。全体の認知件数は前年同期比で1件減って18件となったが、4月に那覇市の男性がおれおれ詐欺で約5400万円をだまし取られる事件があり、被害総額は大幅に増えた。