糸満署は3日、本島南部の中学校に通う教え子の男子生徒にみだらな行為をしたとして、児童福祉法違反の疑いで本島中部に住む公立中学校の30代の教諭の男を逮捕した。調べに「間違いありません」と容疑を認めているという。県警は被害者特定の恐れがあるとして、教諭の住所や氏名を明らかにしていない。