島トウガラシやナス、ピーマンなどのナス科植物の果実に寄生する害虫ナスミバエの発生地域が県内で広がっている。県が2016年度に実施した調査では、過去最多の32市町村で被害が確認され、前年度より11市町村増えた。