沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍機部品落下事故で抗議決議 嘉手納町議会

2015年3月27日 11:03

 【嘉手納】米軍嘉手納基地から離陸したRC135V電子偵察機が16日に重さ907グラムの部品を落下させた事故で、嘉手納町議会(徳里直樹議長)は27日、3月定例会最終日の本会議で、事故原因の究明や結果の公表などを求める意見書案と抗議決議案を全会一致で可決した。文書は日米両政府の関係機関に郵送する。

連載・コラム
きょうのお天気
沖縄タイムスのイチオシ