伊江島LCT事件の実態を知らせ、証言を集めようと村出身らでつくる「伊江島米軍LCT爆発事故連絡会」は4日、那覇市内で座談会を開いた。 証言記録や資料発掘を進める長嶺福信さん(69)が米軍の調査報告書から、事件の実態を解説した。 伊江島占領後、米軍は日本への爆撃拠点として滑走路を整備。