沖縄タイムス紙面掲載記事

[大弦小弦]

2017年8月6日 00:00

 「被爆者たちは、核の存在から逃れることのできない二十世紀後半の世界中の人間を代表して、地獄の火で焼かれたのだ」。井上ひさしさんは原爆投下後の広島を舞台にした戯曲「父と暮らせば」の「前口上」でそう書いた▼峠三吉「原爆詩集」や原民喜「夏の花」、井伏鱒二「黒い雨」。

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス紙面掲載記事のバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

注目トピックス

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS