沖縄電力(大嶺満社長)は27日、2015年度経営計画を発表した。吉の浦火力発電所の燃料・液化天然ガス(LNG)の事業者向けの卸供給を始めるほか、電力使用量を細かく把握できる次世代電力計(スマートメーター)を那覇市内の1万世帯で先行導入する。