【陜川共同】在韓被爆者が多く暮らす韓国南東部の陜川で、原爆被害を伝える同国初の資料館が完成し、広島への原爆投下から72年となる6日に開館する。(1面参照) 韓国の被爆者団体は、朝鮮半島出身者がなぜ広島と長崎にいて被爆したのかを伝える資料や証言の継承に力を入れる考えだ。