【マニラ共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議が5日、マニラで開かれ、一部加盟国と中国が領有権を争っている南シナ海問題で、中国と策定を進める「行動規範」の枠組み案を了承した。平和的解決に向けて焦点となっていた法的拘束力は盛り込まれなかった。