県議会(喜納昌春議長)は27日の2月定例会最終本会議で、2015年度当初予算案7465億円を全会一致で可決した。県予算で過去最高額。米ワシントン駐在員の事務所設置費などを削除する修正案を賛成少数で否決された野党の自民13人と無所属の嶺井光氏は予算案採決時に退席した。