29日午前、名護市辺野古の新基地建設工事に向けて海底ボーリング調査をしているスパット台船2隻で、作業員が作業をしている様子が確認された。調査を再開したとみられる。  米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、新基地建設に反対する市民約90人が「海を殺すな」などのプラカードを掲げて抗議を続けた。