渡口商店入り口の「やもりのくすりあります ヤールー」の張り紙=本部町伊豆味(金城健太撮影)
渡口商店入り口の「やもりのくすりあります ヤールー」の張り紙=本部町伊豆味(金城健太撮影)

[あなたのナゼにココホル取材班]

 「やもりのくすりあります ヤールー」-。記者が気になる風景をゆるーく切り取る本紙地域面の写真コーナー「沖縄days」。10月3日に掲載された、沖縄本島北部の小さな個人商店入り口の張り紙を撮った写真に、読者から問い合わせが殺到した。「商店の場所と電話番号を教えて」「薬はどんなにおいか。(効果などを)みんな知りたいはずよ」。沖縄で「やーるー」と呼ばれるヤモリは害虫などを食べ、「家の守り神」とされる。そんなに困っている人が多いのか。「やもりのくすり」の正体を取材した。(北部報道部・松田駿太)

 やもりのくすりを販売するのは、本部町伊豆味で50年近く日用品を売っている「渡口商店」の渡口節子さん(84)。

 くすりについて尋ねると、店の奥から小さなプラスチックの容器にアルファベットで「YAMORI」と書かれた赤黒い液体を出してきてくれた。

 容器の口を開けて付属のスティックを挿すと、鼻につんとくるにおいがした。

■遠路買いに来る客 「とっても売れているさー」

 洋服屋の人から「ヤモリが商品に...