県内の中古レンタカーを沖縄の「資源」として海外へ直接輸出する仕組みを構築しようと、県が実証実験に取り組んでいる。2016年度は7カ国に約400台を輸出し可能性を検討。本年度は県内中古車の調達状況や通関・貿易手続きの現状などを調査する。具体的な課題を洗い出し、将来的に中古車輸出の拠点化を目指す。