台風5号は7日、四国の太平洋岸を進み、午後3時半ごろ、和歌山県北部に上陸した。近畿から北東に進み、9日にかけて東日本を縦断し日本海に抜ける見通し。西日本から東日本まで広い範囲で断続的に非常に激しい雨が降った。東北の南部でも大雨による河川の増水や土砂災害などに警戒が必要だ。