2014年の県内の飲酒運転摘発数が1313件となり、人口千人当たりの件数が全国平均の約4・4倍で全国最多となったことが29日、県警の調べで分かった。県警が独自に統計を取り始めた09年以降、6年連続でワースト。