沖縄タイムス+プラス プレミアム

オスプレイ自粛要請:米側、機体の検査強化で対応へ

2017年8月9日 15:23

 【平安名純代・米国特約記者】オーストラリア沖で発生した米海兵隊のMV22オスプレイの墜落事故を受け、米国防総省当局筋は7日、沖縄タイムスの取材に対し、日本政府のオスプレイ飛行の自粛要請を受け、同省内で機体の安全性を確認する対策を協議したと述べた。

(資料写真)米軍オスプレイ

 オスプレイを含む米海兵隊の全航空機の飛行を停止し、機体の安全性を点検する案なども検討されたものの、北朝鮮の動向などを踏まえ、通常訓練を継続する必要性があると判断し、機体の検査を強化することで安全を確保する方針が確認されたという。

 国防総省のデービス報道部長は同日、オスプレイの運用について、現時点で「変更はない」と強調。米政府は日本国内での運用計画を堅持する構えだ。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス プレミアムのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS