アパートやマンションの一室、空き家などを宿泊施設として有料で貸す「民泊」について、新たな法律が年明け以降に施行される見通しだ。これまで民泊が認められていなかった住宅地でも、必要な届け出をすれば営業できるようになる。ただし、営業日数は全国的に年間180日以内。各自治体レベルでは、さらに短く設定できる。