江崎鉄磨沖縄担当相は9日、地位協定見直しの必要性に言及した自身の発言に関し「言葉足らずだった」と釈明した。那覇空港で記者団の質問に答えた。環境や軍属の範囲の明確化などを巡り米側と締結した補足協定を念頭に、「見直しは既に安倍政権でも進みつつある」との認識も示した。