2014年12月、浦添市のA&W牧港店の屋外遊具から男児=当時(7)=が転落し重傷を負ったのは遊具の安全性や社側の管理が原因だったとして、男児と両親が運営会社エイ・アンド・ダブリュ沖縄に約3億4400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、那覇地裁であった。福渡裕貴裁判長は原告側の主張を一部認め、社側に計約3913万円の支払いを命じた。...