沖縄タイムス+プラス プレミアム

【解説】オスプレイ「安全宣言」 米の報告追認、疑問残る

2017年8月12日 10:22有料

 日本政府が米側からの報告を受け、オスプレイの飛行再開に「安全宣言」をした。だが、米軍がこれまで安全対策として公に発表したのは、沖縄に残る機体を除き、オーストラリアに派遣されている第31海兵遠征隊(MEU)に対する「48時間の飛行停止」程度で、防衛省への報告でも、事故原因は「調査中」としている。

もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

沖縄の米軍基地の集団感染 発端は米本土部隊から

報告書から異例の「辺野古」削除 海兵隊の沖縄への強いこだわり

「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

月額550円で有料記事が月100本読み放題の「ライトプラン」もございます。 

 
前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間