沖縄タイムス+プラス ニュース

高校野球:強豪相手に惜敗、興南の健闘たたえる 父母らリベンジ期待

2017年8月12日 11:41

 【甲子園取材班】強豪相手によくやった-。興南高校が智弁和歌山と対戦した11日、甲子園球場の一塁側アルプス席には応援団が詰め掛け、声援を送った。惜しくも敗れたものの、得点を挙げるたびに歓喜の輪ができ、ピンチになると選手を励ました。

3回の攻撃で得点を挙げ、アルプススタンドで喜ぶ興南の応援団=11日、甲子園球場

 チームカラーのオレンジ色のポロシャツを着た父母や控え選手らのボルテージが最高潮に達したのが、一挙6点を取った三回の攻撃。ヒヤミカチ節の音色に乗り、メガホンをたたく手に力がこもった。

 背番号1の川満大翔選手の母洋子さん(50)は「6点先制したので、いけるかと思ったが、相手も強かった」と悔しそう。保護者会の金城丈受会長(52)は「3年生は(春夏連覇後に)4年続けて甲子園出場できなかった時に『興南で野球がしたい』と入学してきた子たち。最後に花を咲かせてくれた」とねぎらった。

 一方、那覇市の興南高校体育館では、在校生やOBら約400人が大型スクリーンで試合を観戦、声援を送った。野球部の吉住夏さん(16)=1年=は「負けて悔しいが、来年も甲子園でリベンジしたい」と決意。同校22期生の松本郁子さん(50)=浦添市=は「強い相手に健闘した。悔しさを忘れず、いい高校生活を送ってほしい」と語った。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
沖縄関連、今話題です(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
注目トピックス
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
大久保寛司が語る人と経営みらい塾
お陰様で11周年目を迎えます。 今年も受講生が期待できるテーマを準備して引き続き開催致します。
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
食の多様性で観光立県 県内の取り組みをご紹介!
国際観光都市を目指す沖縄。食の多様性への対応が求められています。その最前線を取材!
LINE@公式アカウント紹介企画
LINE@公式アカウント紹介企画
企業や団体の「LINE@」を紹介! 友だち追加でお得な情報やクーポンをゲットしよう!!
しまくとぅば広告
しまくとぅば広告
消滅の危機にある「しまくとぅば」をもっと使おう!
週刊沖縄空手が読み放題
週刊沖縄空手が読み放題
空手発祥の地・沖縄から毎週発信! 電子版で「週刊沖縄空手」が世界のどこでも読めます。
今日もがっつり!運転手メシ
今日もがっつり!運転手メシ
沖縄タイムスの運転手がつづるグルメブログ。「安い」「おいしい」「腹いっぱい」の食堂や総菜屋さんを紹介します。
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします