2014年に沖縄県警が摘発したサイバー犯罪件数が前年比10件増の128件で、統計を取り始めた2000年以降過去最多となった。県警サイバー犯罪対策室が31日、発表した。サイバーパトロールの強化や捜査技術の向上が摘発増につながったと分析している。