外務省は1日、又吉進・前沖縄県知事公室長を同省参与に起用した。政府が実現を目指す一方、沖縄県が激しく反発している米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設をめぐり、助言を得ることなどが狙い。地方自治体の幹部職員OBが、外務省参与に就任するのは異例だ。