就職氷河期に入社した1年目、「残業」という意識は自分の頭になかった。記者という職業柄、取材すべきネタがあれば、朝でも夜でも出向いたし、何より競争相手に負けたくなかった。