米軍普天間飛行場所属のオスプレイの度重なる墜落で、「飛行中止」「配備撤回」を訴える声が広がる中、防衛省は国民の声ではなく米国の説明に耳を傾け、オスプレイの飛行再開を容認した。