戦後72年、復帰45年を経ても米軍基地から派生する事件事故は後を絶たず、ウチナーンチュの命や尊厳が奪われ続けている。過去から今につながる悲しみ苦しみの連鎖を断ち切るために、沖縄の未来を信じ「子や孫のために」と、何度も何度も叫ぶ声。「平和って何か」「民主主義って何か」。