3位決定戦は沖縄尚学が8-1の七回コールドで豊見城を退けた。  沖尚は中盤に打線が爆発した。1-1の五回2死満塁で7番与那覇廉が二塁強襲の2点タイムリーヒットで勝ち越しに成功。その後も打者一巡の猛攻で畳み掛け、この回一挙7得点で試合を決めた。