【平安名純代・米国特約記者】退役した米軍人やその支援者らでつくる「ベテランズ・フォー・ピース(VFP)」は12日、米イリノイ州シカゴ市内で開幕した第32回年次総会の全体会議で、米軍普天間飛行場の閉鎖などを柱とする「沖縄を平和の『要石』にする決議」を全会一致で可決した。